英会話、中国語等の語学は国際社会では必須

語学インフォ

必要性

hituyousei

現在の日本では、英会話等の語学の必要性が上がっている。
例えば、一部の企業では英語を公用語とし、社内では英会話以外の言葉のコミニュケーションを一切禁じたりしている。
その理由は、国際敵な取引には語学が必要不可欠だからである。

日本国内のみを視野に入れるのではなく、世界的に売れる商品を目指した場合その国の言葉は非常に重要である。
そのため、海外の言葉を喋れる人材は非常に重要となり、学校であっても語学の勉強は非常に重要な位置を占めている。

日本語

nihongo

日本で産まれた人にとって、日本語というものは非常に簡単に感じる。
しかし、世界ではアラビア語と並び習得の難しい言語とされている。
その理由は、3つの文字が混ざり合うことが原因であるとされている。
ひらがな、漢字、カタカナという3つの言語が混ざり合うため、日本語を初めて見た人は非常に混乱してしまう。
しかし、世界的に見て難しいというのはあくまでも主観である。
例えば、中国語もどちらかと言えば難しい位置にあるが、日本人からすると中国語の習得はそこまで難しいものではない。
何故ならば、漢字は日本人でも使うものであるため漢字しか使わない中国語は習得するのが容易だからである。
つまり、語学の習得を目指す場合、言語体系が似ているものであればさほど習得は難しくないのである。
そのため、アメリカ人が日本語を学ぶよりも、中国人が日本語を学ぶ方が習得する期間は短いのが一般的である。
何故ならば、日本語の漢字は中国でも使われているため、予め知識として漢字が存在するからである。

学問

学問の中に、語学と呼ばれるものと言語学と呼ばれるものが存在する。
この2つは同じように見えるかもしれないが、実は全く違うものである。
前者は、あくまでも実用性を求めるものである。
英語ならば英語、フランス語ならばフランス語、イタリア語ならイタリア語というように、実用的にその国の言葉を喋れるようにするものである。
後者の場合は、言語そのものの解明を目的としている。
この言語はどのようにして出来上がったのか、どのような切っ掛けでこの言葉になったのかというように、その成り立ちを考える学問である。
このように、同じような言葉ではあるが内容が全く違うのである。